【WordPress】初心者のおっさんがRevive Old Postを使って過去記事をSNSにランダム投稿する設定をしてみた!!の巻

あ~きち~( >д<)、;’.・ ィクシッ

今日花粉やべぇよ( >д<)、;’.・ ィクシッ

こんにちわ、ポコ太郎です( >д<)、;’.・ ィクシッ

朝起きたら右の鼻の穴がすでに詰まっている。

そして目が痒い。

起き抜けのクシャミ三連発( >д<)、;’.・ ィクシッ

暖かくなっていくのはいいけど、花粉症どうにかしてくれよ!!

ま~花粉は置いておいて、今日はWordPressのプラグインを紹介すっぺ!!

ワールドプレイスってどっかの記事で書かれてたけど、天然なのかバズ狙いなのか。

ワードプレスね!って知ってるか。

スポンサーリンク

 過去記事を埋もれさせないために

WordPressの過去記事をSNSへの投稿する際はどうしているか。

そら~、漢なら手動で投稿だろっ!!!

いちいちTwitterボタンを押下し、頭に「【過去記事】」とか付けてSNSに拡散。

これまで地道に手動でやっていた。

そんな中、自動でSNSへ過去記事をランダム投稿してくれるプラグインを知ったのだ。

別にそんなもん入れなくてもこっちは手動でやりますから!!

全然、面倒くさいとかそんなんね~し!!!!

ま、まぁ俺は漢だし、手動でやっててもいいんだけど。。。
ちょっとだけ試してみても・・・いいんじゃね?

 Revive Old Post

今回、利用してみたのは「Revive Old Post」というプラグイン。

記事を投稿する毎に増え続ける過去記事。
これを埋もれさせずに、上手くSNSに自動投稿してくれるのがこちらのプラグイン。

投稿の時間の感覚や、投稿数なども変更でき有料版もありますが、まずはこちらのフリー版を使ってみる。

インストール

他のプラグインと同じだよ。

WordPress→プラグイン→新規追加を押下

プラグインの検索から「Revive Old Post」と入力して検索。

出てきたRevive Old Postの「今すぐインストール」を押下。
※画像ではインストール後なので「有効」の表示になってる。ごんめ。

インストール後、「今すぐインストール」のボタンが「有効化」に変わるので、それも押下。

これでインストールは完了!

簡単簡単(`・ω・´)

Revive Old Post設定

インストール後、WordPressのトップ画面から

プラグインを押下するとプラグイン一覧が表示される。

Revive Old Postの「Settings」を押下。

まずは重要なAccount

Twitter Loginを押して自動投稿させたいアカウントにログイン。

連携アプリを認証をさせる。

そしたら、保存するためにSAVEボタンを押す。

隣のタブの「General settings」

僕はそのままの設定で。

「Minimum interval between shares」
自動投稿する時間の間隔

8と入力すると8時間毎に投稿してくれます。

次にさらに隣のタブの「Post Format」

いじったのは「Additional Text」

Twitterなどに自動投稿される時、ここで入力したものが投稿される文章の前に追記されます。

とりあえず僕は「【ポコ袋 過去記事】」にしてみた。

最後に

SAVEボタンを押して保存。

START SHARINGを押すと自動投稿が開始されるよ~♬

ま・と・め♡

ざっとやってみたけど、今現在ちゃんと稼働している模様!

忘れていた黒歴史的な記事がある場合は、それも勝手に投稿されるので注意やで!

ブログ書き始めの記事とか恥ずかしいな。。。

ま、いっか!!

ってことで今日から漢らしい過去記事の投稿は終了して、スマートにオートメーション化しましたよ!!

ではでは!
(((((((((((っ・ω・)っ ブーン