【必見!】元バンドマンが愛用のSugiギターの保存方法を紹介してやんぜ!!の巻

ギターキッズのみんな、こんにちわ、ポコ太郎です。

弾かなくなったギターを放ったらかしにしていないかい?

僕は放ったらかしにしていて、これはまずいなと感じたのでギターの正しい保存方法を一緒に学んでいきたいと思うよ!!

スポンサーリンク

まずはお手入れ

ギターを保存する前に、ギターをキレイにしてあげましょう。

ギターには手のあかや、汗、ホコリなど様々な汚れが付いているのでギターを触った後のお手入れについてから始めたいと思う。

まずは必要なもの。

左から

  • ポリッシュクロス
  • レモンオイル
  • 湿度調整剤

クロスも種類が一杯あってコットン(綿)、マイクロファイバー、シリコン、セーム革など用途別に色々とあり、値段も500〜4,000円まである。

が、汚れを落とすという面で安価なコットンのクロスを使用。

AmazonだとLEMON OILとクロスのセットがあるのでオススメ。

コットンのクロスだとオイルとかワックスの吸い込みもよく、汚れ落としや磨きに最適だと思う。

僕はギター本体もこれでフキフキしちゃってたけど、本体には本体のギターポリッシュというのがあるので、そちらがオススメ。

これで指板もボディーもしっかり磨いてあげてきれいな状態にしておくとよし。

うん、ピカピカやないか〜い!!

ギターを保存

さて、ギターをキレイにした所でハードケースにギターを保存するんだけど、この時にギターの弦は張ったままがいいの?はずした方がいいの?って問題が浮上すると思うんだけど、諸説あるんだけど僕は弦を張ったまま、弦を半音〜1音ほど緩めて保存がいいと思う。

そしてハードケースに一緒に入れておきたいのが湿度調整剤だよ!

これを入れておくことによって高湿度時には湿度を吸い取り、低湿度の時には水分を吐き出す作用があってケース内部を一定の湿度に保つから、ギターの反りや割れを防止できるすぐれ物!!

フェルナンデスのDR DRYは2個入りで、交換時期は6ヶ月。
ケースに入れる際には入れた日にちを書いておくといいぞ!

こんな感じ。

ケースにはこんな感じで入れてみた。

取り敢えず1個で様子見するぞ。

これでハードケースへの保管を完了したであります(`・ω・´)ゞビシッ!!

楽器を売りたい人

見積もりでフザケた低額な金額を伝えられて買い叩かれないように、楽器の状態を伝えて正しい見積もり金額を出してもらおう。



ま・と・め♡

せっかく買ったギターを放置してるとどんどん劣化してしまうのは避けたいものだ。

もちろんギターは木で出来ているので湿度管理をちゃんとしてあげないとネックが反ったり、乾燥で割れてしまったり、大事なギターに大ダメージを与えるのは必死!!

定期的に弾いてあげてメンテナンスしてあげるのが一番いいけどね。

そんな感じで僕のSugiギターの保管方法でした!

ではでは!