【閲覧注意!!】真面目に鳥取地震と最近の東北地震で思ったこと!防犯意識の自分なりの考察!の巻

スポンサーリンク

閲覧注意!!

※地震についての記事です。
不快に感じる方もいると思うので
自己判断でおよみください!!

そして、私が本当に思った事を書くので
そこら辺はご了承ください!
もちろん私の考えていることが正しいとも思っていません!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2016年10月21日午後に鳥取県でマグニチュード6.6震度6弱の地震がありました。

そして先日2016年11月21日東北地方でまた震度5弱の地震
1週間程度は十分注意するようにと、あります。

3.11東日本大震災の当時の私

3.11の時、私は関東で仕事をしていて、
休憩時間に携帯を見て知りました。
気分を悪くする人もいると思いましたが
『あー地震があったんだー』程度でした。

ニュースとのギャップ

しかし、帰宅してテレビを見ると思いの他テレビ番組は地震の情報で溢れていてびっくりしました!

何が言いたいかと言うと
震源地およびその付近の人達と、
ほとんど地震の影響がなかった場所の人達とのギャップです。

後者の人は、現実感がなく映画のワンシーンな印象です。
鳥取地震に関しては申し訳ありませんが、私もそうでした。

東日本大震災発生時の私

2011年3月11日の東日本大震災の当時、私は新宿で仕事をしていました。
地震発生時、これは本当にやばいとデスクの下に潜り込み、
小さい頃やっていた避難訓練のようにフザケてではなく
命の危機を感じました。

少し収まって周りを見回すと、キレイに並んでたデスクはバラバラ、
大きなコピー機も動かされ、壁掛け時計は落ちているし
デスクトップの液晶も倒れ、壁が歪みで裂けていました。

外に出てみると、ロッカーが窓を破り外に放り出されていました。
人に被害はありませんでしたが、歩いてる人に落ちていたらとゾッとします。

見上げれば高層ビルはゆっくりしなっていて、見たことのない風景で現実感がなかったです。

帰宅するため駅に向かうと某カラオケ店のでっかい看板がおちてバラバラに。。
道路は渋滞し車がまったく進まない。
24時間のファストフード店も閉店。
駅では人でごった返していましたが、結局動く目処もたたずに会社に戻りました。

帰宅してからも、みんな食料品の買い占めでなんにも買えなくて、
当時、車を持っていたのでガソリンを入れようにもスタンドにガソリンがない。

なんだか映画の中にいるような、世紀末状態だったのを今でも覚えています。

震源地とそこから離れた場所の人のギャップ

このことを被害のない実家に連絡したところ、
『地震なんかで、子供じゃないんだから』とバカにされました。
これがギャップです。

地震なんかで?こっちは震源地でもない都心だったけど本当に死ぬかもしれない思いをしました。
しかし、津波の映像を見て尚そんな事を言えるでしょうか。。。

ビル群が立ち並ぶ都内と震源地から離れた田舎でこんなにも反応が違うのかとおもいました。
もちろん東北の方のほうが想像できないくらいの恐怖だと思いますが。

阪神淡路大震災。死者の約8割は圧死でした。
地震対策万全ですか?
安心安全の専門店 TSSP.jp!!

ま・と・め

東日本大震災から5年程経ち、私もまた防災意識が落ちていたんだと気づかされました。

どこかで読みましたが、活断層のない所でも地震は起こり得ると記述がありました。

天災はいつ何時起こるかわかりません!
事前に逃走経路や防犯グッツの準備、
もしライフラインや携帯電話が断たれたとき
家族との集合場所を決めておくなど、自分自身で用意しておきましょう!

違和感

余談ですが鳥取地震のインタビューを受けていた方が
笑いながら答えていましたが、

笑い事ではありません!全然笑えない!

脅すつもりはありませんが、これからもっと大きな地震の前兆だったらどうでしょう?

なんか説教くさくなって申し訳ありません(;゚ロ゚)

ですが私はこの赤ちゃんのこぶし程度の脳みそ思った事を書きました!

ではでは!